認知症になっても一人歩きできる街を目指して・・

今年もやります!RUN伴+門真


運動会
運動会

RUN伴とは

RUN TOMO IS THE FUTURE STANDARD

RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、
認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。

認知症の人との出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、
喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。

RUN伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。                                                                                                                                                                                                                        

RUN伴+とは

RUN伴+(プラス)とは、RUN伴と理念を共有する団体やグループによって開催される姉妹イベントです。

日本を縦断するRUN伴本体では、次のエリアにタスキを渡すため、スケジュールが過密になる地域が出てきたことから、地域の人がより参加しやすい方法を検討した結果、ひとつの地域をまわるスタイルの試みが2014年から始まりました。2015年度に5地区で開催したところ、それぞれの地域のニーズに合わせた形で、ルートやスケジュールを設定できることから、じっくり地域をまわるスタイルで地域独自のRUN伴を開催できています。

自主開催のため、募集内容の設定やエントリー受付、Tシャツ製造から資金回収など、自前で実施する負担はあるものの、地域のみなさんと一緒に内容を検討し、話し合うことが地域づくりにもつながっています。